コピー機をレンタルする場合は実際に何を基準に選べばよいか迷ってしまいます。
実際に依頼する場合は事前に何を注意すれば良いのでしょうか。まず第一に確認してほしいのが印刷速度です。

現在コピー機レンタルで主流となっているスペックが低速モデルから中速モデルとなっています。

このため、これまで高速機に慣れている場合は注意が必要です。

特にコピー機を頻繁に使用する環境では、これまでよりも低速モデルを選んでしまうと社内で印刷行列が発生してしまいます。

従って、コストにもよりますが複数台導入して混雑を緩和させたり、まとめて印刷する場合は事前アナウンスを流すなどの工夫が必要となってきます。
印刷速度以外にも注意点があります。



それは対応エリアについてです。


レンタル業者は、九州や東海など一部の地域を中心に活動しているところも多いのでオフィスとの位置関係を事前に確認しておかないとトラブルの原因となります。

そもそも対応エリアというのは、配送エリアと修理エリアに大きく分かれます。

ジョルダンニュース!はかなり有益な情報が揃っています。

このため例えば、配送エリア内にオフィスがあるから機械やインクの発送はいつでもしてもらえるのに、同時に修理エリア内ではないことから修理に来てもらえない、という問題が発生します。

コピー機のレンタルについてお答えします。

この場合、多くの業者は一般的に電話やメールでのみ対応可能となっています。


しかしながら、現在どこの業者でも対応エリアを徐々に拡大していっているところなので、常に最新情報の取得を心がけてください。